潜在看護師の復職活動「面接で気をつけたいこと」

潜在看護師の復職活動「面接で気をつけたいこと」

最終的に看護師として採用されるかどうかを交差するのは、面接試験としている医療機関がほとんどです。潜在看護師が採用されるためには、面接対策をしっかり行っているかどうかが重要なポイントになります。面接対策として、まず相手がどのような人材を求めているかを知ることが大事です。

 

病院が看護師の求人を出すときには、その求人情報の中で望ましい看護師像を記載しているケースが多いです。まずは病院のホームページなどを見て、どのような看護師を求めているかを考えましょう。その上で、自分がいかにその看護師像に適しているかをアピールすることが重要です。

 

また面接の中では、定番の質問があります。その中でも「なぜあなたは復職先としてこの病院を選んだのですか?」という質問はほぼ確実に行われます。ほかの病院ではなく、応募した病院がどうしても良かった理由をあらかじめ準備しておきましょう。あなたのことを採用したいと相手が思うにはどうすればいいのかを考えてみてください。