潜在看護師の復職活動成功への近道

潜在看護師が復職活動の前に知っておくべきこと

潜在看護師が復職をする時に、気を付けるべきことがいくつかあります。まず復職をする際に、あまり待遇にこだわらないようにすることです。潜在看護師の中には、復職して給料が下がったという不満を抱えている人も多いです。しかし潜在看護師が以前と同じような給料をいきなり稼ぐのは難しいと思うべきです。

 

看護師の待遇は、それまでの看護師としてのキャリアが重視されます。潜在看護師の場合、ブランクがあるのでその分どうしても評価が下がってしまうのです。給料をあまり高望みしてしまうと、仕事がしたくてもなかなか復職先が決まらなくなるというジレンマを抱えることになりかねません。

 

また潜在看護師に対して理解力のある病院を探すことも大事です。たとえば出産をして現場を離れた人の場合、子育てに対して理解のある病院を探しましょう。育児との両立ができるように配慮した勤務ペースにしてくれているかどうか、ママさん看護師が同僚に多いかどうかなどを確認してみることです。

潜在看護師の復職を願う医療機関は多い

結婚して子育てをしているときに現場を離れて、職場復帰をしたいと思っている人は結構多いです。看護師免許を持っていながら、現在看護師の仕事をしていない看護師を潜在看護師といいます。潜在看護師の中には、ブランクのある自分を雇ってくれる所が果たしてあるのかと不安に感じている人もいるでしょう。しかし潜在看護師でも採用してくれる医療機関はたくさんあります。

 

現在医療の世界では、慢性的な看護師不足の状況に陥っているといわれています。ある調査によると、日本全国の7割の医療機関が看護師不足に悩まされているというデータもあるほどです。このため潜在看護師でも、採用して足りない人材を賄いたいと思っている所は、日本全国いくらでもあるわけです。

 

また、医療機関以外にも復職支援環境が整った企業看護師や産業保健師の求人もあります。
企業看護師・産業保健師について詳しく知りたい方はこちら>>>http://www.mitokondoria-school.com/

 

潜在看護師のブランクに対しても、ケアしている所はあります。最初は時間帯を限定したパートタイマーとして採用するとか、研修を事前にしっかりと行っている医療機関も見られます。復職の手段はありますので、興味のある人は求人情報をチェックしましょう。